日本福音ルーテル田主丸教会


緑に囲まれた、田主丸町の教会です。
穏やかで、ゆったりとした時が流れています。
心静かに神さまの御言葉に耳を傾けましょう。


礼拝案内

礼拝は、どなたでも出席できます。
日時
毎週日曜日 午後3時30分から約1時間
但し、毎月第一日曜日は久留米教会で合同礼拝となる為(10時半~)、田主丸教会礼拝堂での礼拝はありません。

☛礼拝の詳細
神様に感謝し、神様を讃え、祈る集まりです。ルーテル教会の礼拝は、教会に備えてある「教会式文」と週報に従って、牧師の司会で進められます。
毎月第二日曜日の礼拝では、最後の晩餐を記念して行う聖餐式があり、洗礼を受けた方はパンと葡萄酒にあずかります。洗礼を受けていない人も、祝福を受けることが出来ます。
過去、現在、どのような状況にある人でも、ひと時、心癒される時間が過ごせるせることでしょう。

聖書は新共同訳聖書、讃美歌は日本基督教団讃美歌(1954年版)を用いています。聖書も讃美歌も教会に用意がありますのでお持ちにならないでも大丈夫です。
礼拝の中では席上献金がありますが、これは神さまへの感謝の気持ちを表わすもので強制ではありませんので、御用意が無くとも構いません。

ルーテル田主丸教会について

日本福音ルーテル田主丸教会は、宗教改革を行なったマルティン・ルターの教えを受け継ぐ、伝統的なプロテスタント教会です。ルターの宗教改革の伝統に立ち、神さまの恵みを強調します。限界のある人間の力によるのではなく、神さまから与えられる恵みによって、わたしたちは安心して生きることができるようになる、と教えるのです。さまざまな不安にとらわれることの多い私たちですが、礼拝で語られる聖書の言葉を通して、ともに安心して生きることが出来るものとされてゆきましょう。
☛ルーテル教会とは?
ルーテル教会は、16世紀の宗教改革者、マルティン・ルターの流れを汲むプロテスタントのキリスト教会で、古い歴史と世界的な広がりを持つ教会です。
世界的なネットワークを生かして、災害支援や社会福祉・教育の分野でも、世界的な取り組みを続けています。
日本福音ルーテル教会は、明治中期の1893年に九州で宣教が始められ、現在では全国に120程の教会があります。

教会への行き方

☆JR久大本線「田主丸」駅下車、徒歩10分。
☆西鉄バス「田主丸中央」停下車、徒歩5分。
  • ☛地図を大きく表示

牧師

宮川幸祐(みやかわ こうすけ)

1980年、東京生まれ。
2013年3月、日本ルーテル神学校卒業。
2013年4月、日本福音ルーテル田主丸、久留米、大牟田教会の牧師に着任。

メッセージ

2013年、東京にあります日本ルーテル神学校を卒業し、田主丸教会、久留米教会、大牟田教会と、三つの教会の牧師となりました。生まれも育ちも東京で、九州に越してくると同時に新婚生活も開始。「初めて」だらけの毎日の中で、日々新たなことを学んでいます。
趣味は、あれこれ自分で作ってみること。本棚、ベーコン、ポスター、ステンドグラスクッキー、クロスステッチ、パソコンのプログラムなど、無節操に色々手を出しています。どちらかと言えば器用貧乏で、そろそろ自信をもって特技と言える何かを身に着けたいなぁと思っている今日この頃です。
専門分野は、聖書学。特にイエス様のたとえ話に関心を持っています。知性と感性の両面から信仰を深めて行くことが出来る、とても面白い分野です。
牧師は普段、久留米在住ですが、お電話やメールをお待ちしています。また、ご相談などもお寄せ下さい。あなたとの出会いを、楽しみにしています。